« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月22日 (土)

長い雨

雨が長く降り続き、各地で記録的豪雨だと言っています。環境破壊のつけは、こんな風に人間に回ってくるのだと思います。でもまだまだです、日本人は、好きなだけ食べて、残飯を残し、使い捨てを何とも思っていません。
日本は、資源の少ない国です。何かあって、海上を封鎖されれば、たちまち、飢えと、資源不足でやられてしまいます。
山に木を植え、田んぼを増やせば、治水効果があります。政府の方々は、目先のことだけでなく、日本の将来を考え、お金を何処に使えばいいか、良く考えてほしいものです。

続きを読む "長い雨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

新しい童話をあれこれ考えて、出来たら皆で創ればいいですね。

海の動物の物語です。
まんまるな、大きなお月さまが、空にポッカリと、うかんでいます・
夜空には、キラキラ星たちが、いっぱいかがやいています。
月の光にてらされた、ヤシの葉が、海の風にゆれています。」
砂浜から、やさしい波の音が聞こえてきます。
ザー、ザザザー、ザーザザザー
そんな、南の島の、夜のことです。
砂浜の中から、小さなかわいい、動物のあたまが、ちょこりんと、出てきました。
あたまを出したのは、海がめの000君です。
000君は、砂の中の玉子から生まれ、砂を手と足で力いっぱいかきわけて、やっと、地上に出てきたところでした。
「フーウ。やっと、お空が見えた」


続きを読む "新しい童話をあれこれ考えて、出来たら皆で創ればいいですね。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »