« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月26日 (土)

夏近し

早いですね。
春は何処へ行ったのでしょう。
着るものも、半そでで十分です。
麦わら帽子なしでは、散歩出来ないくらい日差しがきついです。
童話を書くのに、春と秋が書きにくくなりそうです。
一番書きたい、良いところですのに。
命の芽生え、新緑の素晴らしさ、動物達の喜び。
冬の準備、命のはかなさ、木の葉の散りゆく悲しさ。
子供達に、説明しなくては理解出来ない季節になったら大変です。
環境童話にしっかり書き出さなければ、いけない季節ですね。
四季の有る日本を、守らなくては。

続きを読む "夏近し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

自然の声が聞こえる感性を

2歳の子供が、だんご虫を強くつまんで、傷つけました。
「いたいいたい、たすけて、と云ってるよ」と
私は言いました。
自然の声は、誰にも聞こえません。
ですが、子供の頃に親が、聞かせて上げることは出来ます。
木を傷つけても、自然の悲鳴は聞こえませんが、
同じ様に、子供に聞かせて上げれば、子供は悪い事をしたと気が付きます。
子供に自然の声が聞こえる感性を、育んでもらいたいですね。

続きを読む "自然の声が聞こえる感性を"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

宇宙と私

私は時々宇宙を感じたいと思う事があります。
朝日が昇る時、遠い太陽の光が地球の影から、徐々に回転しながら地表を照らし始める。
そう、あの天体模型の通りに、真っ黒い殆ど何も無い空間の中で起こっている事実。
音速より速い速度で地球は自転し、その何倍もの速度で太陽の周りを回っている。しかし、そんな事はまったく自覚することはなく、私は朝日を見ている。
鈍感なのか、まさに神に守られているのか、
宇宙の中に浮かぶ地球を感じられたら、人は、もっと地球を大切に使う事を心から思うでしょうね。

続きを読む "宇宙と私"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »