« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月24日 (金)

土地の権利

土地の権利。
ご存知の様に、土地なんぞ元々誰のものでも無い筈である。
しかし、何時の日か知らないが、ここは俺の土地だから、何をしようが関係無いと、言う者が表れる。
また、それをその時代の権力者が認めれば保証される。
戦国時代、植民地時代、目まぐるしく土地の所有者が変わり、現在は、少しは安定しているが、土地は時の権力者に認められば、自分の物になることには変わりはない。
山の木を切り倒す、止めてくれと言えば、自分の土地の物だから勝手だと言い。大きなダムを作るのに、政府の土地だから作る権利がありますと言う。
現実に一寸前には、月の土地を売りますというのが、アメリカからニュースで流れて話題になった時があった。
人間様の手に掛かると、宇宙も全て権力者の物になりそうだ。
反省猿ではないが、少しは反省しなくては、いけませんね。

続きを読む "土地の権利"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

温暖化対策

テレビでスイスの温暖化対策として、二酸化炭素減らす為
国内を通過するトラックを電車に載せて、通過させていました。
これは一例で、かなり他にも徹底していました。
この意識を持つ事が大切なんでしょう。
大量生産大量消費、生産性のグローバル化を広げ、経済一辺倒の考えでは、もう目の前が見えてきています。
金さえ儲かれば何をしても良い、金を持つ者が、世界を支配する。
変えていかなければ、自滅するのは、目に見えています。
しかし、未だに密林を伐採し、化石燃料を燃やし続けています。
分かっていても、資本家達の勝手な理論で、合法だと言い、まだ続けています。
地球の長い歴史の中で、例え地球環境を全て破壊したとしても、それはほんの一瞬の幻の様なもので、いずれ、また新しい自然が瞬く間に蘇るのでしょうが、人間自らの手で行うのは、あまりにも知恵の無い馬鹿丸出しであります。
人口は少ない程、自然環境保護には良い事です。
文明人ほど多くのエネルギーを消費します。
しかし、経済学者は、指導者は、人を増やさなければ、経済が悪くなると言い続けます。
多分彼らは、人類が滅ぶ迄言い続けるでしょう。
それでは、どうやってバランスを保つか、考え方を変えるか、
難しい問題ですが、時間はあまり無いかもしれません。
全ての人が環境破壊に強く罪悪感を持つ、これを目指して、環境童話を、
少しでも広げれれば良いですね。

続きを読む "温暖化対策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

広島の原爆

私は戦後の広島生まれです。
私の子供の頃は、よく爺さんや婆さんに原爆の話を聞かされました。
頭に木が刺さりそのまま走り続けぶつかって死んだ男。
まるで、ホラー映画の様なほんとの話しです。
人間の欲望は、世界制覇、強い欲望は、反対に強い猜疑心を生み、
3万発の原爆を作りあげます。
人は皆言います、何処の国の人も、付き合えば良い人だと、
しかし、集団になり、その中から指導者というのが現れるとこれが
違ってきます。
この指導者という人種は欲深く、あらゆる手を使って権力を得
社会的地位を登りつめた者達です。
確かに良い人間もいるでしょうが、頂点に立つには、良い人では、
なかなか登りきれない所です。
そんな彼達がする戦争は、ゲームです。
兵隊達は駒にすぎません。
指導者は、あくまで一番安全な所で、采配をふるっています。
マスメヂアも何かしら政治的意図を必ず後ろで反映させています。
現代の様にインターネットで情報が得られる時代では、
自ら情報を選択出来ます。
我々は、一部の指導者の意に利用されることなく、常に健全な済んだ目を持ち続けたいものです。

続きを読む "広島の原爆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »