« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月19日 (月)

動物の心

よく人間と動物とは違うと言うが、
私は、殆ど違いは無いと思っている。
それは、我々が生まれ、死んでいく間の目的に、殆ど違いが無いからである。
違いがあるのは、人間が欲深いということぐらいである。
動物の基本、食欲、性欲。
人間の基本の欲も同じだが、食欲をあげると、ただ食べるのではなく、
これは美味いとか、色々うるさい。
性欲にしても、綺麗だとか、胸が大きいとか、また、繁殖期がなく、何時も快楽を求める。
だが、基本的な心は、動物と同じで、やっていることも大差ない。
よく愛とか、人間の特性の一つと言うが、昨今では、動物の子育て以下の人間の声を耳にする。
暖かい小春日和の日溜りは、文句無く幸せなひとときである。

続きを読む "動物の心"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

物の価値観

ダイヤモンドは、非常に高価な物です。
金も大変高価です。
他人が持ってない、希少価値の物は、高価であり、人々も欲しがるものです。
今ある、何でも無いただの石ころでも、数が少なくなれば、人々が競って欲しがる高価な物になるのでしょう。
物の価値観とは、本来自分で決めるものでしょうが、現代社会では、どうやら社会が決める様です。
田舎暮らしの中、ナイフ一本で、充分幸せに思えた人が、都会では、とてもそれだけでは幸せに感じることが出来る筈はありません。
自分で決める筈の、人生の価値観。
これが、人の手により、社会の手により、違った価値観を押し付けられています。
真に有るべき自分本来の価値観を持つ事は、結構現代社会では難しくなってきているようです。
互いに、自分の価値観を大切にしたいものです。

続きを読む "物の価値観"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »