« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月24日 (木)

彼岸の色はアカネ色

彼岸の日と云えば彼岸花が不思議な事に、まさに合わせたように紅い花を咲かす。

彼岸花はお面白いことに、冬には長細い緑の葉を地面から観葉植物の様に出しているが、春にはいつの間にかその葉もなくなり、地面からその形跡を消してしまう。

そして、この9月の彼岸の日が近づくと、ストローのような茎を伸ばしアカネ色の花を付ける。

丁度その頃、ススキの上を赤トンボが夕日に照らされ飛び交う。

まさにアカネ色のオンパレードである。

豊かな自然と云うが、こんな風景が壊されることなく出来れば、あと数千年は続いて欲しいものである。

鳩山首相が温暖化対策を国連で、大きな約束をして、世間では色々騒いでいるが、地球があっての生命、人間であることを考えれば、当たり前のことである。

地球環境を破壊して、一体地球の生命体の未来が有るのかと云うことである。

何度も書いたと思うが、人間は何の権利があるのか、ここは私の土地だと平気で云う。

多分地球上に自分の物など有るはずもなく、強いて云えば、自分の命くらいかも知れない。

まあ、その命さえままならぬのがこの世である、

鳩山さんには、頑張って下さいと、エールを送りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »