« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月21日 (月)

ブラザー、ダ、サン アンド、シスター、ムーン。

太陽の兄弟。そして、月の姉妹。

こんな歌で始まる映画がある。

聖フランシスコの物語である。

裕福な家に育ったフランシスコは、十字軍の戦いから故郷に帰り、本当に生きることは何かを求め、全ての持ち物を捨て、鳥のように生きる事を望んだ。

鳥の様とは、ほんの少しのあるだけの食べ物で、自然のままに生き、多くを求めず、それで充分満足し、清貧に生きる生き方である。

その映画の中で、朽ちた教会を建て直す場面がある。フランシスコは、色々な所から集めた煉瓦を一つ一つ積み上げていく。

フランシスコは、一つ一つ積み上げる時、実に幸せそうな顔をするのである。目的に向かい、数千、数万の中の一つの煉瓦を積み上げる喜び。

遠い道のりであるが、確かな一歩。

よく言われる話だが、ゼロでは駄目なのである。ゼロではいくらかけ算しても、わり算してもゼロなのである。

人生は、出来る事なら目的や夢を持ち、少しでも確実に進んで行きたいものである。

たとえゴール出来なくとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

新しい総理大臣

今日の様な日本には、叩き上げのリーダーが欲しいと思っていたら、良い塩梅に苦労人が総理大臣になってくれた。

まだお手並みは拝見してはいないが、4代続いたおぼっちゃま政治よりはましであろうと期待する。

何の苦労も無しに代議士になった人間とは違う筈である。

おぼっちゃまにも良いところはあるのだろうが、庶民の苦労は想像は出来ても、理解は出来ないと思う。

何はともあれ、先ずは新しい総理大臣にはエールを送っておきたい。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »