« 石油メジャー達の次の作戦 | トップページ | 日本の将来 »

2011年5月24日 (火)

地球に線は無い

科学者、政治家、私もそうかも知れないが、地図に線が書き込まれ、それぞれに境界

があるように、現実にも線のごとく境界があるように錯覚する事が多々ある。

空から地球を見ればどこにも線はなく、一つの球体にすぎない。

今回の地震においても、とかく境界線を政治家、科学者、特にマスコミなど神経質に、ここ迄は安全ですとか決めようとする。

そんなものは、無いのです。

地震多発地域とかも、地図上に線を引きここは危険地域とか決めたがりますが、まったく当たりませんでした。

要は自然災害は、ボーダレスであり何時どこで起きるか分からないということです。

あまり二ユースにはなっていませんが、日本各地の温泉地に異常事態が発生しています。

温泉の湯が増加したり減少したり、また温泉の成分が変化してりしているそうです。

また、各地の火山活動の活発化も心配されています。

災害には境界はありません。

互いに気を付けて、憂いの無いようにしましょう。

|

« 石油メジャー達の次の作戦 | トップページ | 日本の将来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石油メジャー達の次の作戦 | トップページ | 日本の将来 »