« 東日本大震災後の経済 | トップページ | 頭脳 »

2011年5月 7日 (土)

生きる真理宇宙との一体

仏像の指で輪を作っているいるのは、宇宙を表しているとのことである。

私もよく真似をして指で輪を作り心に平安を求める。

そして全てのことは自分と一体であり、他もなく自もなく目に見えるものも自分も同じであり、あるがままを受け止める心であろうとする。

春の山を歩くと、若葉が蒼く、木々に花が咲いてとても美しい。

この全ての生き物が、元々ほぼ同じ私と同じ株から生まれている。

また、全ての物質さえも元々同じ物から出来ているのである。

個々はあるが、元は一つなのである。

簡単に言えば、裕福な人も自分の一部であり、貧乏な人もやはり自分の一部なのである。

だから、自分だけ不幸とか幸せなどというのはないと思うべきなのである。

しかし、そう割り切れず、私は指に輪を作り座禅するのである。

限りなく広がる漆黒の闇に浮かぶ青い小さな地球。

悩む無かれ、たかが百年されど百年。

|

« 東日本大震災後の経済 | トップページ | 頭脳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東日本大震災後の経済 | トップページ | 頭脳 »