« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月28日 (土)

小沢の政治

小沢が無罪だそうだ。

どう考えても、4億円の部下の使用に無関係はあり得ない。

しかし、司法は無罪と結論ずけた。

小沢は一体日本をどうしようと言うのだろう。

どこの先進国でも消費税は10~20%だが、消費税を上げずどう政治を動かすのか。

また、有権者のご機嫌を伺い、また無責任のかたまりのマスコミに媚びし、体裁の良い言葉で国民を騙し、政治の実権を握るのだろうか。

最近では、あの橋下までも有権者に甘い言葉を発して、国政を手中に入れようとしている。

日本人はそれほど馬鹿なのか、またこれらの先導者に簡単に誘導される、無知な国民なのか。

橋下にしても、ナンやら塾を造り、自分にイエスと言う者ばかり集めて、小山の大将になっているが、どうも本物に見えにくいし、人間の重さを感じない。

まあ、彼だけでなく日本の政治家全体にそう感じる者があまり、いや殆どいない。

鳩に始まり、アンパンマンに至り、困ったものである。

|

2012年4月22日 (日)

つかの間の春

最近は春と秋の時間が、とにかく短い。

今年の春も、春はまだかまだかと言っていると、あっと言う間に桜が咲き行き過ぎていきました。

桜も四月の中頃まであり、かってない遅くまで咲いていました。

服装も、冬からあっと言う間に夏に替わる勢いです。

私はこの時期、うぐいすの鳴く声を真似て、散歩の途中には、ほーほけきょ、と、声を出して歩くのですが、えらくその期間が短い。

うぐいすも元来、ゆっくりと鳴き声が上手くなっていくはずだが、やはりかなり早く上達するように思える。

口をとんがらせて、ほーほーほけきょ!つーつーつーつーほけきょ!

勿論、山から返事があり、声比べの遊びをする。

こんな遊びの時間が短くなるのは寂しいことである。

|

2012年4月19日 (木)

韓国旅行

韓国へ行って来ました。

何度か空港には立ち止まった事はありましたが、初めて入国しました。

家族女4人と男独り。黒一点です。

噂で韓国は物価も安く食べ物が美味く、買い物が楽しいとのことでした。

噂通りでした、女にはここは買い物有り、美味いものありで、若干一名若い,と言っても33歳ですが、曰わく、可愛い品物が多いとのこと、

今、韓国が流行っているのが理解できました。

しかも、広島から一時間で韓国に到着です。旅の疲れは全くありません。

夜店も楽しいし、小金で楽しむ海外だと思いました。

| | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

どっこい生きてる

大きく老いた木が立っている。

もう、枯れたのかな?と思っていた。

春が来て、その木から小さな芽が出て、ほんの少し若葉のみどりが頭をのぞかせている。

どっこい、僕はまだ生きている。とでも言っている声が聞こえそうだ。

春になると、生きていることが、目に見えるようになる。

すべての生き物が楽しそうに見える。

どっこい、私も生きているよ。

| | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

強い風

春の嵐だと言う。

いや、嵐と言うか台風並かそれ以上の強い風がふいている。

風で壊れたことのないスレートがだいぶ剥がれて、風にバタバタと音をたてている。

地震もかなり大きい被害を想定しているし、ぼちぼち自然の神様が、人間に警笛を鳴らし初めた様にも思える。

しかし、何度も言うが政治家や資本家は欲深い者ばかりだから、そうは変わらないだろう。

人の命は長くて100年そこそこ、百年後のここには、殆ど今生きている人間はいない。

今さえ良ければとか、場当たり的な政治をしていると、必ずつけは後で回ってくる。

政治とは、正しいと思うことを実行する場である。世論やマスメデイアに迎合していると、必ず何度も言うが、つけが回ってくる。

原発も早く再稼働し、すべからく廃止の実行計画を平行して行うべきである。

| | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »