« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月26日 (水)

久々に蘇った正当派政治家

自民党に阿倍総裁が帰り咲いた。

日本を動かす政治家に、久々に玄人が現れた。

民主党、はたまた、今の維新の会などは、正に素人の集まりであった。

口で言うのは誰でも出来る。それを実行するのが政治家である。

最近は、やたらに出来もしない事を口先で言う輩が多く、また、それをマスコミがあたかも素晴らしい事だとはやしたてるので、政治が狂い、周りの国に馬鹿にされる体たらくである。

そもそも大臣になど、よい例で、昔、自民党時代は、良きも悪きも、属議員と言うのがあり、各省庁で数期間数年の間、その省庁で勉強しやっと大臣になったものなのだが、民主党にいたっては、正に素人が、何も知らない人間が国の最高決定機関の決定権を持つのだから世の中良くなる訳がない。

また橋下にいたっても、正に素人であるが、これまた、あたかも自分の言った通りの政治が出来ると吹聴している。

また、これを面白世がしにマスコミが騒ぐので、これが可能であるがの様に錯覚している。

政治を知る者は、出来もしないことは口にはしない。だから、堅実な政治家は地味である。

日本は、民主党で失敗している。もう、二度と間違えた選択は起こして欲しくないものである。

阿倍さん、頑張ってください。

| | コメント (0)

久々に蘇った正当派政治家

自民党に阿倍総裁が帰り咲いた。

日本を動かす政治家に、久々に玄人が現れた。

民主党、はたまた、今の維新の会などは、正に素人の集まりであった。

口で言うのは誰でも出来る。それを実行するのが政治家である。

最近は、やたらに出来もしない事を口先で言う輩が多く、また、それをマスコミがあたかも素晴らしい事だとはやしたてるので、政治が狂い、周りの国に馬鹿にされる体たらくである。

そもそも大臣になど、よい例で、昔、自民党時代は、良きも悪きも、属議員と言うのがあり、各省庁で数期間数年の間、その省庁で勉強しやっと大臣になったものなのだが、民主党にいたっては、正に素人が、何も知らない人間が国の最高決定機関の決定権を持つのだから世の中良くなる訳がない。

また橋下にいたっても、正に素人であるが、これまた、あたかも自分の言った通りの政治が出来ると吹聴している。

また、これを面白世がしにマスコミが騒ぐので、これが可能であるがの様に錯覚している。

政治を知る者は、出来もしないことは口にはしない。だから、堅実な政治家は地味である。

日本は、民主党で失敗している。もう、二度と間違えた選択は起こして欲しくないものである。

阿倍さん、頑張ってください。

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

彼岸花

家の庭先の彼岸花が、するすると伸び、赤いつぼみを持ち上げている。

人間どもが、いくらバタバタしていても、彼岸花は、何時もの様に咲き始める。

小さな地球の上で、人間は、欲深く何を欲しがっているのだろうか。

食べて、穏やかに暮らせれば、良いではないか。

しかし、欲深い人が多すぎる。

何れ死に、何も持たずに、あの世とやらに逝くのだから、欲深くてもしょうがないのだろうが、欲深い。

自宅の彼岸花に、世の中成るようにしか成らないと、笑われている様に見えた。

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

生きる道

人はよく、どう生きれば良いか迷う。

野に生きるものは、迷いがない。

人や動物に踏まれ、倒れた植物は、そこからまた立ち上がり、上へ上へ、または光のある方へとひたすら伸びていく。

何があろうと、命のある限りひたすら、そう生きていく。

人は、偉そうに、物事を自分で決めている積もりの様だが、結局、全ては自然の原則にそって生きていくしかないのだ。

と、なると、やはり、あるがままに、出来るだけ穏やかに楽しく生きたいものだ。

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

野生の動物

野に生きる動物は、全て命がけである。

一瞬のうちに敵に襲われ命が亡くなる。

食料もそうである。今、食べられても、明日はどうなるか分からない。

だから、野生に生きる動物は常にほぼめいっぱいの生活を送らなければ生き延びられない。

植物もそうである。

最近、雨が降らないので、近くの川の流れが悪く、川茂がしげり、緑色に染まっている。

川茂にとれば、今が自分達の子孫を増やすチャンスなので、めいっぱい川に広がろうとしている。

自然に生きる動物は、何時チャンスが来ても良い様に、常に全力で生きているから、来たチャンスを逃さない。

だから、何時も全力で生きていなければ生き残れないのだ。

だが、我々人間は、どうもその事を忘れたのか、生温くていけない。

本当は、決して人間も例外ではないのだが・・・

私も、反省しなくてはいけない。

| | コメント (0)

日本の悲劇

どうして日本には、ちゃんとした政治家が育たないのだろう。

これは、日本にとって悲劇である。

世界が安定し、平穏な時期ならいいのだが、今は何時何が起きるか分からない。

中東の戦争、食料危機、中国、韓国による日本叩き。

国力が無いとここまでなめられるかと言うぐらいなのだが、

日本国内では、本当につぶの小さい連中が日本の政治を動かしている。

あのそのまんま東や、ついこの前までバラエテイに出ていた橋下が日本の、先導役の様な言い方をマスコミはしている。

情けないほどつぶが小さい。

維新の会などと言うが、坂本龍馬の様に、本当に命を掛けているのか、どう見てもあのへらへら顔では、そうは思えない。

うむ、こいつは本物だと、思える政治家は、何時になれば出てくるのだろう。

もし、私にチャンスを貰えれば、本当の命を掛けた男を見せてやりたいものだ。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »