« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月27日 (木)

子供達に良い未来環境を

世界の先進国では、温暖化問題に対し、今現在の有効手段として原子力発電が選ばれている。

ドイツでは、かなり再生化エネルギーが広がっているが、足りない電力は他国により買っている。

その他国とは、主にフランスであり、ここでは原子力発電が主体である。

地球全体が、暖かくなっているのは間違い無いのである。

原発が危ないと言う感情論は分かるが、現実的に二酸化炭素を垂れ流し続けることは、どう考えても出来るだけ早急に止めなければいけない。

私はよく言うのだが、もし二酸化炭素に色が付いていたら、とてもじゃないが、外を歩けはしないほど、人間は地球を汚している。

例えば、自動車の排気ガスなどに色が付いていたなら、道路はガスだらけでとても歩く気などしないだろう。

地球の大気は、宇宙の外から見ると、地球の表面にほんの少し薄くあるだけだ。

私は決して原発推進派ではないが、先ずは二酸化炭素を抑え、次に原発に変わるエネルギーを開発するのが、順当だと思う。

子供達の将来の為にも、日本の政治家には、勇断を持って、早く行動を起こしてほしい。

| | コメント (0)

2013年6月21日 (金)

何故言わない、二酸化炭素問題

少し前まで、地球温暖化の対策として二酸化炭素の削減を緊急の課題として、日本全体で取り組まなくてはいけないとマスコミは報道していた。

二酸化炭素を大量に大気中に放出することは、地球環境に悪影響を与えることは、みんな知っている筈だが、マスコミは黙っている。

それは、原発の再稼働に繋がるから書きたくないのだろうが、原発を早く稼働させないと、日本の殆どの電力を化石燃料にたより、まさに二酸化炭素の垂れ流し状態が続いている。

新聞では、異常気象により、過去最大の降水量とか最高気温と書いているが、原因はやはり温暖化であろう。

中国の煤煙が日本に来ると、中国は非常識で自分勝手だと言うが、地球の温暖化は日本だけではない、勿論、空は世界中繋がっているのだから、自国だけの問題ではない。

前にも書いたが、日本のマスコミはこの問題には黙りを決め込んでいる。

早く原発を稼働し、二酸化炭素を抑え、また、同時に原発問題の対策を平行して行わなければならない。

地球環境を良くするため、マスコミは冷静な報道をして欲しい。

| | コメント (0)

2013年6月16日 (日)

中国

私は北京に二度行きましたし、決して中国は嫌いではありません。

しかし、経済が発展し国力が増してくると、どうもいけません。

今時、領土を広める事など考えてはいけません。

世界がこれ程確立した世の中では、無秩序な事は世界が許しません。

気持ちは分かりますが、外ではなく先ずは、国内の問題を解決すべきです。

こんな事をしていると、せつかく国際的に認められてきた国の地位が落ち、最も大切な信用を失ってしまいます。

世界の人々が移住したくなる様な国になって欲しいものです。

中国は別に威嚇などしなくても、もはや大国です。

余裕を見せれば、ゆったりとした良い大国になると思います。

中国の方は頑張って下さい。応援します。

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

ホタル

深夜、仕事の帰りに団地の下を流れる川にホタルが飛んでいた。

暗闇の中で、ポーッと光りながら10匹近く飛んいる。

毎年のことだが、心の安らぐ風情である。

日本には四季があり、それぞれに風情があり、それを風流と楽しんでいたが、近頃はそれを楽しむ余裕が少なくなっている。

働いて金を稼ぐことが必要なように、ゆっくりと時の流れを見ることも、心には必要だ。

人間は多くても持ち時間は100年分だ。

たまには、ゆっくり時間を使い無意味のようだが、自然の中で生きている実感を感じる時も必要である。

野に生きる生き物達もそうであるように、人も何も持たず生まれ、何も持たず死んでいく。

有るのは、その時だけなのであるから、心は出来るだけ安らかにしておきたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

ブラックホールの質量

宇宙にはブラックホールがある。

数十年前まで架空の存在だったが現在では確認されている。

ブラックホールとは、質量のとてつもない存在で、光までも吸収するので黒い穴にしか、視界的には見えない。

各銀河には、大きなBH(ブラックホール)があり、銀河系宇宙には、太陽の400万倍の質量のBHがあるそうだ。

ところで、地球をBH並に質量を増やしていくと、同等の質量の大きさはどれくらいに成るかと言えば、たったの3センチの球体になるそうだ。

だから、あの天秤ばかりで量ると、片や直径12000キロメートルの地球で、片方は直径3センチのBHの球体でつり合うのだ。

この賑やかで、雑多な地球も、手のひらサイズの大きさに収まるのである。

宇宙なんぞ、信じられない様なことばかりだが、ロケットを打ち上げれば、本当に火星や金星などに行くのだから、本当に有ることなのだ。

米国は火星に有人ロケットを飛ばすそうだが、宇宙とは知れば知るほど、神懸かりになる存在である。

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

風邪

久々に風邪をひきました。

朝起きると喉が痛く、鼻の中も乾燥してヒリヒリ。

最近風邪をひいても軽く、直ぐに治っていたので甘く見ていましたが、甘くはなかった。

少々のことはないと、色々動いていたら、どうもそうはいかなくなった。

悪寒と、熱、ビールも飲みたくない。いや、飲めず。

一日ダウンでした。

やっと、今日は、元に戻りました。

何年ぶりか分からないくらいで、風邪の辛さを思い出しました。

やはり、ビールは毎日美味しく頂かなくてはいけませんね。

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

空を見上げる

私は、色々心配したり悩んだりしたとき。

空を見上げる。

空は大きく果てしない。

その中の自分。

実に小さい。

大きく手を広げ、空を見上げて、ニコリと笑う。

ほんと実に人間てものは小さく、自然の中では無力である。

成るようにしか成らない。

仏教でい言う有無同然である、

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »