« インドネシアの森林破壊 | トップページ | 日本の技術力 »

2014年4月11日 (金)

スタップ細胞騒ぎ

  • 日本のマスコミや理研も、どうもおかしい。
  • スタップ細胞が出来れば、素晴らしい発見であり快挙であるのだが、先ずは出来るか出来ないかからが、一番肝心な事の筈である。
  • もしスタップ細胞を創り出せるのなら、彼女のどんな記載上のミスも許され、それどころか人類にとって、大恩人の一人となる。
  • 肝心なのは、もしスタップ細胞が出来るのなら、日本中の学者を使ってでも成功させるべき事柄である。
  • はっきり言って、この細胞の利用が可能になれば、医学の常識が激変するほどの発見で、彼女のミスなど全くの問題にする必要もない。
  • 問題は、毎度の事だが、学者達のジェラシーを感じてならない。
  • どんどん証明のため、実験を進めればいいのだが、なかなか進めようとしない。
  • ここらへんが、よく分からない。
  • 早く進めれば、結論はそれなりに出る筈なのだが、少し情けない話である。

|

« インドネシアの森林破壊 | トップページ | 日本の技術力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシアの森林破壊 | トップページ | 日本の技術力 »