« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月11日 (木)

人間の敵は人間

世の中にはどうしても悪人が少数いる。

この少数のために善良な多くの人々が苦労する。

私は何故このような悪人が社会に必要なのか疑問に思った。

この悪人どもは、何時ごろからはびこっていたのか。

おそらくそれは、人類にとって他の動物が敵で無くなったころでないかと思う。

敵の無い動物は無く、敵がありそれに打ち勝つ為に進化があった。

人類の進化するうえで敵が無いと進化がとどこるのかも知れない。

人類同士で進歩するため、他国や他のグループに勝ち生き残るためには、敵が必要なのだ。

もし、世の中が良い人ばかりならば、争うことも無く平和になるが、おそらく今の様な進歩は無かっただろう。

大変残念だが、地球上の生命体である人間も動物の進化の原則に従い悪人と言う敵が必要らしい。

すなわち、悪人は理論的に発生する原理なのだ。

私は、つねずね悪人なんぞ全て殺して、世の中から消えれば良いと思っていたが、おそらく、殺しても殺しても、人類の動物的敵がいなくならない限り、無くならないと分かった。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »