« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年5月26日 (土)

宇宙原理に合った生き方

この現宇宙に存在する物質は、数十種類の素粒子で創られている。

これは例外なく、全ての存在がとても目に見えない、この小さな素粒子で創られているのである。

これらの素粒子が、宇宙の原則に従って、引き付けあい、また反発し人間の見える物質の形を形成している。

当然であるが、全ての生き物も、素粒子で出来ているので、やはり宇宙原則に従って創りだされている。

物質は、時空の中で原理原則により生まれ、そして消滅を繰り返す。

物質の中には、その形を数億年もその形を維持するものもあるが、早いものだと一秒も満たない内に形成と消滅を繰り返すものもある。

宇宙には、当たり前のことだが合理的なものが残っていくという原則がある。

すなわち、理に合ったものは長く形を維持できるが、理に合わないものは淘汰されるのである。

合理的とは、生命体で例えれば、生命維持に不必要な行動や行為をせず、必要最小限の行動をする生き方であろう。

現に、人間以外の生物は、そうしている。

人間は、必要以上のものを欲しがり、無意味に他の生命体や仲間さえ殺傷する。

少しの逸脱なら理解出来るが、一人の人間が数千億円も所持したり、意見が違うと数万人の仲間を殺したり、また、種が途絶えるほど生命体を殺戮する行為は、やはり、かなり原則を逸脱しているだろう。

それでは、どんな生き方が良いのであろうか。

何年か前に流行した、シンプルライフであろうか。

地球に生命体が生まれ、何億年も過ぎ、ほぼ全ての生命体が宇宙原理原則に従い生きてきたが、このほんの一万年、いや、都市国家ができるあたりの、たった数千年で人間が地球環境を壊し始めた。

昔から、聖人や高僧は、清貧を良しとし、その中に正しい生き方があるとした。

私もこういう生き方を、見習うべきであろう。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »